バルーンラム

バルーンラム

写真提供:オオツカ熱帯魚

品種名:バルーンラム
学名:Microgeophagus ramirezi var. (Myers & Harry, 1948)
分類:改良品種
サイズ:オス 6cm/メス 4cm
品種の特徴
バルーンラムは突然変異により体長が短く、風船のように丸い容姿になった改良品種です。
金魚の流金などに近い物があり、近年ではメダカの仲間やカラシンの仲間、ポリプテルスに
至るまで色々な魚でこのバルーンタイプが作られるようになりました。

そのコロコロとした体型が特に初心者には人気が高く、多くのショップで販売される品種です。
改良品種とは言え、奇形の一種である事から体が縮められた分、内臓の部分も圧迫され
通常の品種に比べて食が細く、成長が遅い、消化不良を起こしやすいなど、多少ですが
通常のタイプと比べると飼いにくい面があります。

餌は体格から食溜めのできる容姿では無く、消化不良を起させないようになるべく消化に
良い餌を少量、回数を多く与えるのがバルーンタイプの飼育は理想的と言えるでしょう。
水質や水温は特に他の品種と大きな違いは無く、混泳も問題なく行う事が出来ます。

  カテゴリ:品種カタログ::バルーンラム

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

このページの先頭へ