水槽の環境について考える

ラミレジィの飼育に必要な水槽と設備についてご紹介します。
ドワーフシクリッドの為、飼育にはそれほど大型の水槽を必要としません。
流行りの小さな水槽をテーブルなどに置く卓上アクアリウムなどでも充分に飼育できます。
具体的に飼育に必要な水槽についてご説明していきましょう。

一般的に水槽が小さいほど、全体の水量が少なくなり、管理が難しいと言う面があります。
その為、初心者の方ほど安価な小さい水槽で飼育を始めたいと言う思いが強いですが、
その行為が逆に飼育を難しくしてしまう事もあるのは事実です。

あまり大きな水槽を置くのは難しい場合もありますので、飼育者の事情もあると思いますが、
初めての場合は最低でも30L以上の水量が入る水槽をお勧めします。

飼育に使用する水槽例


ジェックス
マリーナガラス水槽 S
(約31×18×24cm)


アクアシステム
キューブ3040
(約30×30×40cm)

ニッソー
60cm曲げガラス水槽
ニュースティングレー106


実際に飼育・繁殖が可能な最低限の水槽は?と尋ねられることもありますが、
私の経験ではSサイズ水槽(約12L)で行う事もありますが、管理はやや難しいと言えます。
少なくとも30×30×30cmのキューブ水槽位はあると、飼いやすいと言えるでしょう。
色々な魚と混泳させたい場合はできれば60cm以上の水槽を用意するのが理想的です。

水槽のサイズは近年になり非常にバラエティに富んでいます。
水槽に入れられる水量については以下のような計算式で求める事が可能です。

水槽の横幅(cm)×奥行(cm)×高さ(cm)÷1000

例えば45×30×30cmの水槽で水を26cmまで入れるとして場合、約35Lとなります。
実際には砂を敷いたりすると水量は減少しますが、大雑把に把握できれば大丈夫です。

飼育セットの購入も悪くはありませんが、魚によって理想的な飼育環境は多少、異なります。
その為、面倒であっても自分でフルセットを用意するほうがお勧めです。

  カテゴリ:飼育方法::水槽の環境

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

このページの先頭へ