品種カタログ:ドイツラム

ラミレジィ改良品種の中で最も人気が高く、最も一般的な品種がこのドイツラムです。国内で養殖された個体の流通が主で最も普及しているラミレジィの基本品種と言えます。通常のラミレジィに比べ、全体的に青みが強く、胴体がやや短く体高のある体型が特徴です。

元はドイツやオランダで改良された品種とされており、ドイツから輸入されればドイツラム、オランダから輸入されるとオランダラムと言った具合に名前が付けられたようです。

僅かな違いがあると言われていますが、違いを明確に指摘するのは難しいと言えます。成長速度にもよりますが、3cmほどのサイズから産卵を開始し、老成化すると大きくなります。

あまり性格の荒い魚ではありませんが、産卵が近づくとテリトリーを作り、あまり狭い水槽ではオス個体はメスを含めて他の魚を追い回す事もあるので多少の注意は必要です。

丈夫で元気なドイツラムをお求めなら、このサイトを公開している写真の個体と同じ血統のドイツラムをオオツカ熱帯魚の通販サイトで販売しています。ドイツラム販売ページはこちらです。普通のお店のラミレジィに満足できないお客様は、ぜひプロブリーダー直販の個体をお買い求め下さい。


魅惑のラミレジィ > 改良品種カタログ > 品種カタログ:ドイツラム